ʺʺ
検索
  • ラシイエ君

災害関連の土地情報は立地と同時に検証しよう!

こんにちは!ラシイエプロジェクトです(/・ω・)/

本日は、土地情報についてです!





【災害予測をまとめたサイトを利用しよう!】

「国土交通省ハザードマップポータルサイト」


https://disaportal.gsi.go.jp


各自治体発表のハザードマップを確認できるサイト。

周辺のリスクを事前に把握し、家を建てるときに役立てられるほか、気象情報や自治体からの避難勧告などがあった際、サイトをw見る事で具体的な避難経路を確認でき、避難行動に活かすことができます。

【各種ハザードマップを重ねて見られる】


地図や航空写真に、洪水浸水想定区域や、土砂災害危険個所などを重ねて閲覧できます。見たい地域を選び、知りたいハザード情報を選択するだけで地図に情報が現れます。

さらに、災害時に役立つ情報や、防災に役立つ地理情報なども併せて確認できます。


【各市町村のハザードマップにリンク】


各市町村が作成したハザードマップをすぐに見る事ができます。

都道府県と市町村を選択し、その中から洪水や津波、土砂災害などのハザードマップを見る事ができます。ハザードマップに対する各市町村の問い合わせ先も表記されているので便利です。

【気になるポイント資産価値を手軽にチェック】

国土交通省のサイトで最新相場や推移を確認

地盤の調査とともに調べておきたいのが土地の相場。地価は土地のシアン価値の目安となるので将来的に売り抜く可能性も考慮し、綿密に調査しておいたほうがいい。国土交通省が運営する「土地総合情報システム」では、全国の地価公示を過去の地価も含めて調べる事ができます。トップページ右の「地価公示 都道府県地価調査」をクリック後、地域などの諸条件を入力するだけでOKです!

【地盤安心マップ】


https://jam.jipanmap.jp/map/main.php


確認できる主な情報

・地盤改良工事の必要の有無

・古地図

・過去の航空写真

・土砂災害危険個所

・液状化ハザードマップ

・避難所 

など。

地質や災害履歴などが確認可能。全国各地の地盤情報を100点満点で採点する「地盤カルテ」も入手できる。

【地盤サポートマップ】


https://www.j-shield.co.jp/1million/cp2.htm


無料かつ簡単な操作で地盤の状況がわかる!

家という大きくて重たいものを建てるだけに、土地の地盤は強ければ強いほどいい。「地盤安心マップ」や「地盤サポートマップ」ヲ利用すれば地盤の強さをはじめ土砂崩れや洪水など、あらゆる災害時の危険度がわかるほか、最寄りの避難情報を確認することもできる。

【人気の土地でも地盤の確認を】


「水」や「谷」のつく地名は要注意!

地盤を調べる際に覚えておきたいのが「地名に地形を示唆する漢字が含まれているか」です。「谷」などの文字が含まれる地名は標高が低く、「水」や「さんずい」の地名は地盤が緩く、水害などがあった可能性がある。

以上、いかがでしたでしょうか。

ラシイエプロジェクトでは

中古住宅+リノベーションで

中身は注文住宅、価格は新築以下でマイホームを購入することを

おすすめしております。

ご興味のある方は是非ラシイエまでご相談くださいませ!

2回の閲覧

​住み替え・お家の売却のご相談も承ります。

リノベ住宅不動産 ラシイエ

〒123-0845 東京都足立区西新井本町2-31-4

(舎人ライナー「江北駅」徒歩1分

 電話 03-6803-1430 水曜定休 営業時間10:00~19:00