ʺʺ
検索
  • ラシイエ君

【ロードバイク好きさん必見!】ロードバイクと暮らす家

こんにちは!ラシイエプロジェクトです!本日は、ロードバイク好きの方必見!

ロードバイクと暮らす家についてです!



ロードバイクが何台もあると、置く場所に困っていませんか?

今は1台のみでも、とても高価なものなので外に置いておくのも怖いですよね。

収納術や、お気に入りのロードバイクをリビングで鑑賞できる部屋など、色々なアイディアのご紹介をしていきます!


-目次-

①【自家工房を作ってしまう】

【面積が取れない人はベッドや収納を一緒にまとめて!】

③【普通に壁に立てかける】

【個性を出してオブジェに!】




【自家工房を作ってしまう】

マンションでも、戸建てでも、一部屋まるまるロードバイクのお部屋にするのはいかがでしょうか?これなら雨の日でも夜中でも暑い日でも寒い日でも、快適にメンテナンスやカスタムをすることが可能です!

更に、床材はフローリンでは傷がつきやすいし、汚れも取りにくいので、タイルをオススメいたします!これなら雨の日にロードバイクに乗って工房の中に入れてもクイックルワイパーでさっと人拭きすれば何の問題もありません!





少し大きいコレクションボックスと思い、リビングの壁一面に並べるのもとてもかっこいいですよね☆




【面積が取れない人はベッドや収納を一緒にまとめて!】


平面に、別途・収納・ロードバイク置き場。と、作っているとどうしても床がいっぱいいっぱいになってしまいます。ただ、天井に近い空間も使う事でその問題が解決されます!

この写真はベッド、洋服の収納、ロードバイクの収納が一体になった造作ルームの写真です!間接照明をつけることでよりおしゃれな雰囲気をかもしだしてくれます。


【普通に壁に立てかける】

こちらはよくあるのですが、壁に立てかける用の器具をつけると、壁がもたない可能性があります。中古住宅+リノベーションで、リノベーションついでに壁の耐久をUPすることが可能です!これが新築を購入した場合、一部の壁のクロスを剥がして、壁の耐久をアップさせてまたクロスを貼る。ということもできますが、もったいないですよね。




【個性を出してオブジェに!】

まるで美術館に飾られているような雰囲気をかもしだしています。

色や、照明の使い方で、こんなにもリノベーションは仕上がりが違います。



こういったリノベーションをご提案しているのが、

ラシイエプロジェクトです!

中古住宅+リノベーションで、新築より安い価格で中身はまるで注文住宅のように

自分のお好きな空間を作ることが可能です!


ご興味のある方は是非、ラシイエプロジェクトにご相談くださいませ!


8回の閲覧

​住み替え・お家の売却のご相談も承ります。

リノベ住宅不動産 ラシイエ

〒123-0845 東京都足立区西新井本町2-31-4

(舎人ライナー「江北駅」徒歩1分

 電話 03-6803-1430 水曜定休 営業時間10:00~19:00