ʺʺ
検索
  • ラシイエ君

家の買い時って?

こんにちは!ラシイエプロジェクトです(/・ω・)/

今の家がもうすぐ、契約更新。この先も賃貸か、買うのがいいのか迷うところですよね。本日は、そんな買い時の判断ポイントについて書いていきます☆






【ライフプランから考える】

住宅購入を意識するタイミングは28~36歳

30歳前後になると、結婚や出産、子供の入園・入学、仕事環境の安定などをきっかけに将来を見越して購入を検討する人が増加します。気になる街や物件を見学しながら夫婦で家族の将来やマネープランを話し合うことで暮らしのイメージが固まり、満足できる家選びができます。


【年齢から考える】

32歳VS42歳、今と10年後で比較。結論を先送りすると、月約3.8万円の負担アップ

早く購入すれば返済期間を長くでき、その分月々の返済額が抑えられます。節約できたお金は教育費としてはもちろん、退職後やもしもの場合の蓄えにできます。40代は教育費や退職後の備えに加え、親の介護などにもお金が必要になる時期。将来の出来事を見越して支出のピークを分散させることで、家計が楽になります。


□返済スタート年齢の違いによる資金シミュレーション買い入れ額 4000万 借入時の年齢 32歳 借入期間35年 毎月の返済額 12万2473円借入時の年齢 42歳 借入期間25年 毎月の返済額 15万9974円



【金利から考える】

金利1%のアップで月約2万円、総返済額で約862万円の差

低金利のうちに住宅ローンを組むメリットは、月々の返済額を抑える事ができる点です。家計の支出をおさえられれば教育費も貯めやすくなります。金利が1%アップするだけで毎月約2万円の差、ローンの総返済額も大きく変わってきます。金利によって予算が制限されると、買える家の選択枠が狭まる可能性があります。


□金利の違いによる資金シミュレーション借入額4000万円の場合

金利1.5% 毎月返済額 12万2473円 総返済額 5143万8660円金利2.5% 毎月返済額 14万2997円 総返済額 6005万8740円

↑金利が低いと月々の返済額が抑えられます



いかがでしたでしょうか。価格に気を取られがちですが、年齢や金利を考えると、早く動くのが将来的にも安心です。仕事や育児、将来についてももっと話あっておく必要があります。

中古住宅専門店ラシイエでは、物件探しから住宅ローン、リフォーム施工まで一社で完結することが可能です。新築と中古で迷ってらっしゃる方も、ぜひ、ラシイエにお越しいただき、中古の良さを知っていただけると嬉しいです。少しでもご興味のある方は、是非お越しくださいませ!

1回の閲覧

​住み替え・お家の売却のご相談も承ります。

リノベ住宅不動産 ラシイエ

〒123-0845 東京都足立区西新井本町2-31-4

(舎人ライナー「江北駅」徒歩1分

 電話 03-6803-1430 水曜定休 営業時間10:00~19:00