ʺʺ
検索
  • ラシイエ君

知っておきたいローンの知識

こんにちは!ラシイエプロジェクトです(/・ω・)/

本日は、【知っておきたいローンの基礎知識】についてです!


-目次-

①借入先のローンの選択肢

②3つの金利タイプ

③金利引き下げの仕組み

④金融機関ごとの金利をチェック





【借入先ローンの選択肢】

住宅ローンを大きく分けると、金利の選択肢が多い民間ローンと、35年間、固定型金利で借りられるフラット35の2つがありmす。銀行などが扱う民間ローンは、金利のタイプや引き下げ内容などが金融機関によってさまざまです。一方、フラット35は住宅金融支援機構と民間の提携によるローンで金利は窓口となる金融機関が毎月決めております。70歳未案で安定した収入があれば誰でも借りれますが、対象となる住宅には広さや質などの条件があるので注意が必要です。


住宅ローンは生命保険会社や信用金庫なども扱っており、地域に根付いた金融機関の場合は、自営業者でも借りやすいケースがあります。また勤務先で財形貯蓄をしている人なら、公的な財形住宅融資を利用することも可能です。


住宅ローン以外にも、不動産取得に利用できるローンがあります。自宅を買い替えるときに、値下がりした住宅を売却して返しきれないローンが残る場合に、その残高bンを上乗せして借りられる買換えローン、2拠点目の住宅を買い増すためのセカンドハウスローン、投資用の物件でも利用できる不動産担保ローンなどです。なお、フラット35はセカンドハウスでも利用できるが、二重に借りることはでき無し。



【金利タイプは3種類】

住宅ローンの金利は主に「固定金利型」「固定期間選択肢型」「変動型」の3タイプ。フラット35は固定型、銀行などの民間ローンは変動型と固定期間選択型が基本です。固定型は金利が固定されているので途中で金利が変動することはないです。

一方、変動型や固定期間選択型は低金利の時期には有利でsが、借りてから金利が上昇して返済負担が重くなるリスクもあることを抑えておきたい。



【金利引き下げの仕組み】

住宅ローンの金利は、金融機関が毎月発表する店頭金利(基準金利)から、返済能力などに応じて一定幅を引き下げた金利が適応されるケースが多くなっています。当初の固定期間だけ引き下げ幅が大きく、当初固定期間が終わると引き下げ幅が縮小する「当初期間引き下げ」と返済期間中の引き下げ幅が一定の「全期間引き下げ」の2種類あるケースが一般的です。



【金融機関ごとの金利をチェック】

住宅ローンを扱う金融機関はフラット35を含めたローン金利を毎月発表しています。各行の金利は一般的に変動型が最も低く、また固定期間選択型では固定期間が短いほど金利が低くなるのが通常です。ただし金融機関によってはキャンペーンの特定の金利を低く設定するケースもあるので固定期間の長いタイプのほうが短いタイプより低くなることもある。

住宅ローンを借りるときには手数料や保証料がかかるため、金利だけでなくそうした諸費用も含めて比較することが大切です。また、各種医療保険や火災保険などを特約で付けられたり、独自のサービスを利用できたりと、多様な金融機関があるので事前にチェックしましょう。



以上、いかがでしたでしょうか。

ラシイエでも、フラット35をはじめ、提携している金融機関がございますので、

もし気になる方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

前は不動産会社の提携している銀行で住宅ローンを組む方がおおかったのですが、最近ではネット銀行などの普及によりお客様ご自身で住宅ローンを組む方もございます。

ラシイエではどちらでも受け付けておりますし、ネットでご自身で進める場合も、できる範囲でのサポートはさせて頂きます。


3回の閲覧

​住み替え・お家の売却のご相談も承ります。

リノベ住宅不動産 ラシイエ

〒123-0845 東京都足立区西新井本町2-31-4

(舎人ライナー「江北駅」徒歩1分

 電話 03-6803-1430 水曜定休 営業時間10:00~19:00