ʺʺ
検索
  • ラシイエ君

ネット銀行で住宅ローンを借りる?

こんにちは!ラシイエプロジェクトです!

どこで住宅ローンを組むかは悩むポイントのひとつですよね。金利が低く、お得と言われているネット銀行の住宅ローンを検討している人も多いでしょう。今回は、ネット銀行の住宅ローンのメリット・デメリットなどをご紹介!


-目次-

【ネット銀行の住宅ローンの特徴は?】

【ネット住宅ローンより提携ローン?】

【ネット住宅ローンはどんな人に向いている?】

【ネット住宅ローンのメリットとデメリット】

【ネット住宅ローンはどう選べばいい?】

【ネット銀行は審査が厳しいって本当?】

【主なネット銀行の特徴】



【ネット銀行の住宅ローンの特徴は?】

・金利は低めだが、審査は長く、手数料は高め

ネット住宅ローンはネット銀行の商品が主流だが、メガバンクや信託銀行などリアル店舗型の銀行でも、ネットで申し込める住宅ローンが増えています。「最近の住宅ローンの相談ではメガバンクとあわせ、ネット銀行も検討する人が目立ちます。」店舗型と比較すると、ネット住宅ローンの一番のメリットは金利が低い事でしょう。保証料などがかからないケースもありますが、手数料は借入額に連動するタイプが多く、定額が一般的なメガバンクより高額なことも。また、融資審査の期間が長く、厳しめといわれています。「一部のネット住宅ローンでは、夫婦の収入合算や親子リレーの返済ができないなど、制約もあります。」


【ネット住宅ローンより提携ローン?】

・ネット銀行でも提携ローンが増えている

不動産会社と提携している銀行ローンは通常より金利が低めで自分で探すより手続きも簡単。マンションのモデルルームでローン相談会が行われ、直接相談できることも多い。最近は、ネット銀行が提携ローンとなるケースもじわじわと増えています。「メガバンクの提携ローンとネット住宅ローンでは一概にどちらがお得と言えませんが、ネット銀行の提携ローンならお得な場合が多いですね」


【ネット住宅ローンはどんな人に向いている?】

・新築マンションを買う人や自分で手続できる人向き

金利が低いメリットがあるネット銀行だが、手続きを自分でする必要があるため、書類集めやインターネットにデータをアップロードするといった作業が苦にならない人向けといえる。「書類に不備があると審査ができなため時間がかかります」一方、対面で相談できないことをデメリットに感じるかもしれないが、電話やチャットなどで相談できる場合がほとんど。抵抗のない人なら問題ないでそう。一部のネット銀行では有人の店舗を開設しており、住宅ローンの相談ができるケースもあるので活用したい。「ネット銀行は審査に時間がかかるため、既入居の物件などでは利用しにくい場合もあります」


【ネット住宅ローンのメリットとデメリット】

・メリット

■金利が低い

■保証料がかからない

■24時間申込可能

■ネットだけで手続を進められる

■契約時の印紙税がかからない

・デメリット

■審査が厳しめ

★審査期間が長いケースが多い

■自分で手続しなくてはいけない

■対面で相談できない銀行が多い

■手数料が高め


【ネット住宅ローンはどう選べばいい?】

・疾病保証の内容や付帯サービスに注目

金利や手数料に多少の差はあるが、総支払額で比較すると大差ないのが実情。銀行によって違いが出るのは疾病保証の内容だ。がんだけを対象としたものから複数の疾病に対応したものまで様々です。なかには、金利上乗せが悲痛用な保証もあるので上乗せ幅も確認したい。「就業不能状態が何日続くと保険が適応されるのかなど、細かい条件が銀行によって異なるので、本当に使えそうな保険なのかを細かく確認を」「金利上乗せがあると総額で100万円以上の負担増になる場合も」付帯サービスも銀行によりさまざま。買い物割引やポイント付与、女性限定で出産時の金利引き下げなどがある。ふだんよく使うサービスや店舗の提携がある場合は検討してもよいでしょう。


【ネット銀行は審査が厳しいって本当?】

・対面型の銀行より厳しめ。安定した収入が前提に。

ネット住宅ローンの場合、審査は年収など一律の基準に沿って行われるので、対面相談が中心の銀行に比べて厳しめという印象があるようです。「一部のメガバンクや地方銀行でネット型のローンでも借入額や返済期間をきめ細かく試算するなど、柔軟に対応してくれるケースもあります」「カードローンなどの未払い履歴がある人は要注意です」安定した収入も前提条件となるので、転職したての人や自営業者・フリーランス、シニアなどは厳しい場合もある。ただし、フリーランス向けの住宅ローンを始めたネット銀行もあるので相談してみてもいいでしょう。


【主なネット銀行の特徴】

・住信SBIネット銀行

なんといっても補償が充実。全疾病保証が金利上乗せなしで付く。全疾病に対応した保証が金利上乗せなしで付く点と取引実績が評価され、4人のFP全員が「おすすめ」と判定。全疾病保証は、精神障害を除く疾病やケガで就業不能状態となった場合、最長1年間の返済額が免除され、1年経っても就業不能状態が続くと返済がすべて免除されるというもの。


・楽天銀行

手数料が定額なので借り入れ額が多いと有利なケースも。金利はやや高めですが、手数料が定額(33万円)なので、借入額が1500万円をこえると他のネット銀行より手数料の負担は軽くなります。がんと診断されると、ローン残高が50%にんる保証が金利上乗せでつけれる点もメリット。また、借入時にまとまった楽天ポイントがもらえるなど、ポイントが貯めやすい。


・auじぶん銀行

金利が0.41%と低く、がん50%保障が金利上乗せなしで付く。金利が0.41%と、3%台のジャパンネット銀行に次いで低いのが大きな魅力。がんと診断されるとローン残高が50%に減額される「がん50%保障」が金利上乗せなしで付けられるのがポイントです。さらに昨年登場した新電力サービスの「じぶんでんき」に加入すると、住宅ローン金利が0.03%引き下げられる特典もある。


・新生銀行

共働き家族に嬉しい家事代行サービスが付く商品も。変動金利には手数料が「借入額×2.2%」の定率タイプと、5万5000円または11万円の定額タイプがある。てい定率タイプは金利が0.45%と低水準。一方、当初固定金利が固定金利を選ぶと、家事代行やハウスクリーニングなどのクーポンが付く。「安心パックW」(手数料16万5000円)を利用できる。


以上、いかがでしたでしょうか!

ラシイエプロジェクトでは、中古住宅+リノベーションという新しい住宅購入の方法をお勧めしております!リフォームの費用も住宅ローンとまとめて組める銀行のご紹介なども行っておりますので、ご興味のある方は是非ラシイエにご相談くださいませ!

7回の閲覧

​住み替え・お家の売却のご相談も承ります。

リノベ住宅不動産 ラシイエ

〒123-0845 東京都足立区西新井本町2-31-4

(舎人ライナー「江北駅」徒歩1分

 電話 03-6803-1430 水曜定休 営業時間10:00~19:00